カーテンの歴史など

カーテンの歴史など

カーテンは、現代では毎日の生活空間を彩るインテリアとして、また断熱、遮音、視線の遮断という重要な機能を持つ大切な空間の一部となっていますが、人類の歴史上「カーテン」が生活に利用されたのは古代エジプトのころとされています。布のない時代ですから、現在の布のカーテンではなく、カーテン状のものを代わりに使用しました。それはなんと獣の皮だそうで、それを洞窟の出入り口にかけて、ドア代わりに使用していたそうです。
現在のような「カーテン」として生活空間の中で活用はヨーロッパのルネッサンス期に発展したといわれ、その時代には部屋の間仕切りや、ベッドを覆う目隠しとしての利用でした。 写真のような天蓋ベッドに代表される、王族など高貴な身分の方が寝るためのプライベート空間としてカーテンにより完全に遮断される空間がつくられていました。
日本では、平安時代に御簾(竹製のすだれ)や壁代(壁面に掛けられた絹の織物)が使用されており、それらがカーテンの役割を持つものと思われます。

武家の時代になると、襖や障子がカーテンとしての役割を担ってきました。

日本でカーテンが知られるようになったのは江戸時代の初期のころで、長崎の出島から伝えられてきたといわれています。
「カーテン」という言葉が使われる様になったのは、明治末期になってからで、一般の人々の間で少しずつ使用されるようになった時期です。

現在では、窓ガラスがあるところにカーテンがあり、カーテンには、様々な機能がありますが、家全体が大きな天蓋ベッドとして、プライベート空間を守ってくれているとも考えられるでしょう。
カーテンがあることで安心してゆっくりと過ごすことができる空間が出来上がるわけです。