室外の光や熱、音を抑え、室内を快適にする機能

白いカーテンで室外の光や熱、音を抑え、室内を快適にする機能

カーテンには遮光やUVカット、遮熱、保温、遮音、視線を遮る機能があります。

遮光とは外の光を遮り、室内の光を漏らさない機能のことで、寝室や映像を見る部屋などに遮光カーテンが適しているといわれています。遮光機能のカーテンには特殊加工をした繊維が使用されていたり、裏の生地一面をラミネート加工が施されています。
メリットは、光を遮ることです。日光の光や外の照明を遮って就寝したいときなどに最適です。デメリットは、日中でも真っ暗になるため、部屋で作業や用事を行いたい場合は、常に照明をつけておかなければいけませんので、電気代が上がります。
遮光機能のある白いカーテンであれば、部屋を明るく見せたり、壁や家具を引き立たせてくれるので、電気代を抑えたい場合には効果的といえます。

頭では理解しているものの「実際につけた感覚がわからないままいきなり購入するのは不安」という方には白いカーテンの試着をおすすめしています。 白いカーテン.comで取り扱っているカーテンの詳細、試着などはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

遮光率 99.40%以上の遮光性を有するカーテン用生地及び縫製カーテンには、一般社団法人日本インテリアファブリックス協会(NIF)が商標登録した機能性表示「遮光」マークを表示する事ができます。
遮光性能の高い順に1級~3級まで等級分類され、1級は99.99%以上の遮光性、2級は99.99%~99.80%、3級は99.4%以上の遮光性があるといわれています。縫製や設置方法などにより遮光性能は変わります。特に大きなポイントは生地の透け感です。等級が上がるほど生地が透けなくなります。
「遮光カーテン」といっても、このように等級分けされているので、たとえデザインが気に入ったとしても、実際使用してみると目的や効果が一致しないということがないよう、使用する部屋やライフスタイルなどに合った機能面をしっかり見極めることが大切です。